記事一覧

親子リンゴ栽培教室 第1回

親子リンゴ栽培01昨日は、東谷山フルーツパークでの親子リンゴ栽培教室の第1回目だった。
これは、ヨメさんが見つけたもので、オリジナルの絵文字リンゴを育てれる計4回の教室である。

最初は座学で、リンゴに関するクイズや栽培に関する大体の流れを教えてくれた。
10問出た中で、印象的だったのは、リンゴはバラ科であることと、パイナップルはリンゴの仲間ではないとのことだった。
バラ科というのは花の形で見分けるとのことで、桜もバラ科に入る。
そしてパイナップルはpine-appleと書くが、pineはマツのことで、appleは果実(くだもの)という意味で、松ぼっくりに似た実というところから来ているらしい。
これにはへぇー!となった。

その後リンゴ畑(?)に行くとすでに、それぞれの子供の名前が木にぶらさがっており、これからその木を担当するようになっていた。
行くまでは、きっと一枝とか、一つの実だけだと思ったのだが、台風で落ちることもあるとのことで、納得。
でも、太っ腹だねぇ。
ここからは摘花という剪定みたいなことをやった。
全部の花を残すと実は小さくなり、味も甘くなくなる。
なので、主に真ん中を残し(真ん中が茎が細ければ、太いやつ)、あとは切ってしまう。
脚立も使って切っていくのだが、最初は簡単だと思っていたが、これが結構木1本分だと大変だった。
先ほどの座学でも言っていたのだが、1本の木からなる実の数は約150個だという。
大体集合しているのが5本の花だとして、そのうち1本だけ残すとなると、約120本は切らなければならないからだ。
まあ、今回は親子教室ということもあり、やり残ってしまったところは、フルーツパークの人のフォローが入るので、絶対全部とは限らないが、可能な限りがんばった。
背筋がかなり来ていたが、楽しくできた。
無事に秋に実りますように。

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブクログ