記事一覧

JET JAPAN TOUR 2018 at Diamond Hall

20180306JET A昨日、昨年再結成したJETのライブに行ってきた。
久しぶりの洋楽ライブ!
そしてこのJETのライブというのは、思い返せば2007年。
当時ライブチケットを手に入れて行こうと思った日の前の夜が、仕事の打ち上げで、なんと食あたりになってしまったのだ。
なんとか行こうと気張ったがダメで、未だにその時の悔しいチケットが残っているという。
そんなJETのライブに十数年の時を経てリベンジできる!
2012年に解散してしまった時は、もうかなわないと思っていたが、ここにきて実現!!

今回はチケットも70番となかなかの番号で、早めの入場でビールを早くに飲み干し、2番目のブロックの前に陣取った。
19:00開演とのことだったが、今回前座で「ドミコ」というバンドがやるとのこと。
前情報も予習もなしだったが、2人組のデュオでギターボーカルとドラムというWhite Stripesを彷彿させるスタイルで洋楽っぽいボーカルだった。
激しめだったが、ギターで最初にベースラインを弾き、それをサンプリングしてその音に合わせて弾くというテクニカルな面もあり、なかなか良かった。
30分ちょっとやって終わった。
あとで、ちゃんと調べてみよう。

そして、20:00JET登場。
思ったよりニックは小さかったな。
でも、熱いっ!!
ファーストアルバムは聴きこんでいたが、やっぱ生音はカッコイイね。
「Get What You Need」そしてEDWINのCM曲にもなっていた「She's A Genius」。
「Rollover D.J.」では「ヘイ!ロールオバーディジェー!」叫んだよ。
途中、最初にステージ設定していた時にボルヴィックが置かれていたはずなのに、いつの間にかメンバーが缶ビールを飲んでた。
オーディエンスが「Please!」と言ったせいか、ニックが前列の人にあげていた。

なんといってもみんなが聴きたがっているのは「Are You Gonna Be My Girl」だよね。
タンバリンが聞こえてくると、一気に沸点に到達した。
カッッコイイーー!!
そして、叫んだし踊ったし楽しかった。
そのままの流れで「Put Your Money Where Your Mouth Is」。
イイ!!
「Take It Or Leave It」では前ブロックがモッシュピットと化した。
アンコール前までは、こんな感じの激しめの曲が続いた。

アンコールでは、ニックがアコギを持って「Shine On」を歌った。
しっとりと良い感じ。
そのあとは今度はクリスが「Move On」を歌い、ニックがギターを弾いた。
この曲は合唱になってこれもいい感じになった。
そして、メンバーが揃い「Last Chance」。
この曲はファーストの最初の曲のせいか、一番JETのイメージが個人的にする曲。
最後は「Cold Hard Bitch」。
いやー、1時間半ぐらいだったけど、楽しかったー。

Get What You Need
She's A Genius
Rollover D.J.
Lazy Gun
Black Hearts (On Fire)
Skin And Bones
Shiny Magazine
Seventeen
Walk
Look What You've Done
Kings Horses
Come Around Again
Bring It On Back
Are You Gonna Be My Girl
Put Your Money Where Your Mouth Is
Take It Or Leave It
Get Me Outta Here
Rit It Up
Shine On
Move On
Last Chance
Cold Hard Bitch


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ