記事一覧

豊川稲荷に行ってきた

豊川稲荷 今日は家族で豊川稲荷に行ってきた。
ヨメさんは昔家族で来たことがあるとのことだったが、オイラは豊川には高校の頃部活で、練習試合とかに来たことがあったが、豊川稲荷は今日が初めてだった。
なので、予備知識としていなり寿司が有名であること以外全然知らなかった。

途中、岡崎あたりで事故渋滞があったものの、概ね順調に1時間半ぐらいで着いた。
12時を回っていたので、先に腹ごしらえするのに商店街に行った。
いなり寿司が食べ歩きできるとのことで楽しみにしていたが、今日は風がめちゃめちゃ強かったので、寒かった。
でも、前日にネットでいくつかチェックしていたので、その店を探しながらぶらついていると、手ぬぐいなどを売っている雑貨屋を発見。
ヨメさんとムスメは手ぬぐいやらハンカチをゲット。
いい顔した木の達磨も購入した。
そして、「よしの」という店で「大葉天ぷらいなり」、「明太いなり」を食べ、ヨメさんは「まつや」という店で何種類かのセットになった「ミックスいなり」を買い、ムスメは「おきつね本舗」という店で「おきつねバーガー」をオレは「炙り五目いなり」を、そしてヤマサのちくわを食べた。

そしていざ豊川稲荷へ。
総門をくぐり本殿へ。
さすが稲荷。途中狛犬がきつねになっていた。

お参りをしてその後、霊狐塚へ。前日ネットでチラッと見ていて知ったのだが、ここは狐の像が何体もある場所で、これは一度見てみたい!と思っていた。
途中、大黒堂という所で「おさすり大黒」というのがあったので、お参りをして大黒さんをさすってきた。
おでこやお腹がへこんでいた。きっとみんな同じ個所をさすったのだろう。

そして、霊狐塚。
色んな表情の色んな狐の像が置いてあった。
これは圧巻だった。
そして、その手前に岩の上に狐が乗っかている所で、何人か木の枝をもって何かをほじくっていた。
何かわからず、しばらく見ていると、小銭を岩の隙間から取り出していた。
ヨメさんが、ほじっていた女の子に聞くと、岩の隙間に小銭が挟まっているのを見つけて取り出すことが出来たら、お守りになるとのこと。
みんなで探すと、ムスメが発見したがとても取れる感じでなく、断念。
あとで、ネット検索で情報を見ると、確かに見つけた小銭はお守りというかお金が儲かるとのこと。
そして儲かったら、次の年に見つけたお金の倍の金額を岩の隙間に入れるとのこと。
面白いねぇ。
それから奥の院を参って元の参道に戻り、ヨメさんが御朱印を記帳してもらうことにしたのだが、ここ受付、受け渡し、ご記帳を全部2人だけでやっており、行列ができていて、尚且つパニックになっていた。
大きな神社なのだから、このシステムは是非変えてほしいと思った。

まあでも、初豊川稲荷は楽しかったので良しとしよう。

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブクログ