記事一覧

愛岐トンネル群「第20回 秋の特別公開」へ行ってきた。

20171126愛岐トンネル群今日は、愛岐トンネル群「第20回 秋の特別公開」へ行ってきた。
これは昭和41年に廃線になった旧国鉄中央線の高蔵寺~多治見区間のトンネル群で、11/25~12/3限定で公開されていた。

朝9:30から開場だったが、10:30ぐらいに着くように出て行った。
定光寺駅から歩いてすぐのところに入口があり、急こう配な階段を登ると3号トンネルがあった。
蒸気機関車の暖簾がかけてあって、その中は暗かったが、意外と広く、ところどころに電灯がついていてすごく雰囲気がある感じだった。

3号トンネルを抜けると竹林があり、その先に見える紅葉は鮮やかでカッコよかった。
1眼レフで狙ってみるも、どうしても手前の竹林にピントが合ってしまい、泣く泣くiphoneで撮影。
ちょっとしたワークショップみたいのがあって、ムスメはギロみたいに凹凸を付けた竹とんぼを作った。

その後4号トンネルに入り、さっきの3号と同じくらいの長さを歩くと、トンネルの先には、大モミジ。
トンネルの黒とモミジのオレンジが景色を切り取ったようなノスタルジックな雰囲気が出ていた。
さらに歩くと、水車小屋そしてマルシェ広場があって、そこで弁当を買って食べる。
おにぎり、焼きそば、いなりが各300円と良心的な値段で出ていたので、それぞれ買って食べた。
河のせせらぎを聞きながら食べる弁当は格別だった。
400円でビールが出ていたが、時間の関係上断念。次に来た時には絶対飲むぞ。(帰りには売り切れていた)

そして、5号トンネル。
さっきまでより少し長く、埃っぽかった。
ここは、暗かったのでさすがにスマホのライトを使った。
ヨメさんもペンライトを付けていたが、周りを見ると慣れているっぽい人は、頭にライトを付けている人もいた。
ここをぬけると、レンガ広場でちょうどアルプホルンのコンサートをしていた。
その近くで、SLの動輪を自転車で動かすというのをやっていたので、ムスメが参加した。
意外とでかくビックリした。

最後、6号トンネル。
333mもあった。ここは真っ暗で長い。足場もそんなに良くなく結構疲れた。
まだ人がたくさんいて、みんな足元を照らしていたので、明るかったが、少人数で入るときっと怖いだろうね。
でも、なんとか県境広場まで来た。
ここは日陰でみんな目指してくるけど、行き止まりなので、弁当はさっきのマルシェで食べたので正解だった。
そして、なるほど片道1.7km、往復3.4kmだけど、2時間かかるわけがわかった。
足場も舗装されてなく、砂利道で6号トンネルみたいに暗い道のりなのだ。
でも、色々工夫されていたり、空気もよく貴重な体験ができた。
夏にもあるらしいので、要チェキですな。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ