記事一覧

バイバイ、ブラックバード 読了

バイバイ、ブラックバードやー、本読むペースが最近落ちてるなぁ。
でも、毎日少しずつは読んでいた。

主人公の星野は5又をかけ、<あのバス>に乗せられる前に、五人の女性に別れを告げていくのをオムニバス形式で話が進んでいく。
<あのバス>も、乗せられる理由も、はたまた行先も、その組織も、最初から最後までフワッとしたものだったが、それらが恐ろしいものであるということが、なんとなく繭美を通してわかる。

そして、別れを告げる五人もそれぞれクセがあるが、最もクセのあるのがヒロインと言っていいものかどうかわからないが、繭美である。
ガタイが良くてアブドラーザブッチャーみたいだけど、端正な顔立ちでハーフ。
読んでいて、終始マツコを想像してしまった。
そして、常に自分の辞書をルールに行動する。
自分の概念にないものは、辞書のワードが黒く塗りつぶしある。
人の嫌がることを喜び、ガサツで毒舌。そして強い。

最後に、五人に別れを告げていく星野が、話が進むにつれ人の良さというか、純粋さみたいなものに繭美が感化されていくのは、面白かった。
結末は描かれていないけど、きっと最後に取った行動はわかる気がする。

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ