記事一覧

太陽のパスタ、豆のスープ 読了

太陽のパスタ、豆のスープ主人公あすわは結婚前に婚約破棄されてしまった
ひどく落ち込んだ時、叔母のロッカさんからドリフターズリスト(やりたいことリスト)のことを教えてもらう。
手始めにやれることから書いていき、こなして行く内に自分のことやリスト本来のことなど思い立っていく。

この物語にはキーパーソンが何人か出てくる。
ロッカさん、京、郁ちゃん。
それぞれが、あすわに色々なことを気づかせてくれる。

「リストは私にとっての一切れのパン」
別の話で「一切れのパン」というのがあるらしい。
戦争時代にある人が逃げるときに、僧侶から包みに入った一切れのパンをもらって、「どうしても必要になったとき食べなさい」と言われた。
その人は言いつけを守って、ポケットにしまって、まだその時ではないと思い続け、とうとう食べずに逃げ切った。
逃げ切った後、包みを開けるとそれは木片だった。
だけど、そのときその人は僧侶に感謝した。
その木片があったから、励みになったと。

自分にとってのパンであったりリストを見つけたいね。
そうするときっと自分にとっての豆がみつかるんじゃないかな。
この本を読めばなんのことかきっとわかるんじゃないかな。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ