記事一覧

THE ROCK ODYSSEY 2004.07.24 SAT. OSAKA DOME

2004.07.24

今回初のビッグフェス、「THE ROCK ODYSSEY」に行ってきた。
今回の目的は、 「LENNY KRAVITZ」、「RED HOT CHILI PEPPERS」、「矢沢 永吉」で、間に合えば「L'Arc-en-Ciel」という感じだったので、「HY」、「TRAPT」、「BLACK EYED PEAS」は見れなかった。
大阪ドームに着いたのは、14:00くらいだったろうか。フェスにも関わらず、ドームの外に人があまりいなかったので、一度入場したら出られなくなるのかと懸念したが、中に入ってみるとぜんぜんそうでもなかった。
入り口でチケットとリストバンドに替えてもらって入場する。
そのリストバンドにブロックが記してあって、そのブロックにはいるときにチェックが入る。
チェックが入るのはSUMMER SONICの時と同じだが、今回はかなり念入りにチェックされた。

まずはビールをと思っていっぱいやっていたら、会場から音が鳴ってきたので、あわてて行ってみると、ラルクが始まっていた。
今回一発目で、意外とカッコ良かったのだが、ボーカルとバックの音量のバランスが合ってなくて、ちょっと聴きづらかった。
イントロとかはちゃんと聴けて、ああ個々の音はなかなかうまいんだなぁと思った。
演奏が終盤になると、客層が変わってきた。
レニクラ 目当てのオーディエンスだ。
ウチらのブロックの後ろの方に外国人の集団がいて、しきりに「レニーぃっ!レニーぃっ!」 と連呼していた。

またまたビールを飲んでいたが、今回の目玉だったので始まる前に会場入りしたのだが、すでに大入りになっていた。
はやる気持ちを抑え見えるところへと移動すると、前にさっきの外国人の集団が…。
そこについにレニー登場。新曲で変なポーズをして出てきた。
大興奮!前の外国人も大興奮!
この人は盛り上げ方をよく知っている。選曲もみんなが知っているメジャーな曲を選び、アップテンポの曲からスローバラードまで強弱がついていてよかった。
なんの曲だったかは忘れたが、レニーのドラムプレイもあって、お腹いっぱいという感じ。
"ARE YOU GONNA GO MY WAY?"はやはり一番盛り上がった。レニーも「ジャンプッ!ジャンプッ!」と叫んでいた。
アンコールの"LET LOVE RULE"ではみんなで一緒に歌おうと言っているのだけど、みんな歌詞がわからなくて、レニーがオレの後に続けとゆっくり歌っていたが、なかなかそろわず、コーラスの人に「HELP!!」と言うと、ゴスペル調のコーラスの人がフォローに出てきた。
しかし、歌い方はカッコよかったけど、かなりアレンジが入っていて、なんの曲だかわからなくなってしまっていた。(笑)
それでも、今回この日のベストライブだったと思う。

またまたビールを飲みつつ、レッチリはおそらく時間通りにはまず始まらないだろうとゆっくりしていると、"CAN'T STOP"が聴こえてきた。
これにはかなり焦り、一同ダッシュで会場に向かう。
うぉーっ!レッチリだーっ!!
最初っからとばしまくりだった。よくあんだけ動いてバテないなぁと感心するぐらいだった。
アンソニーも最初はシャツを着ていたが、いつのまにかハダカになっていたし、フリーはやっぱカッコよかった。
きっと演奏している自分たちが一番楽しいのだろうなと思える演奏だった。
しかし、勉強不足で中盤の曲があまりわからずノリきれなく、しかもレニーを全開で観て酒を飲みまくっていたので、不覚にも 立ったまま睡魔に襲われた。(情)
アンコールの最後の曲は何年か前にどこかのライブハウスがつぶれるときに記念にやった以来やってない曲だったらしい。ヨメさんが訳してくれた。とにかくパワフルな連中だった。

もうこの時点でかなりお腹いっぱいになっていたが(気分的に)、オレは永ちゃんも楽しみにしていたので、最後の力を振り絞りつつ、ビールを再び喰らう。
「暑い…、暑いゼー!!」たしか、こんな始まりだった。 
生永吉はかなりシブかった。というか、テレビで見る永ちゃんと変わらなかった。
あぁ、この人はホントにこういう人なんだと思った。
しかしいただけなかったのは、きっとちょっとだけ永ちゃんを観たかった人がたくさんいたんだろう。
1曲目が終わる頃、会場の3分の1位の人が列をなして帰っていくのだ。
これは、見ていてちょっときつかった。
だけど、やっぱシメを飾るだけあって、最高のエンターティナーだったと思う。
「もいっちょイクぜ、ヨロシクゥーッ!!」
シビレたね…。マイクスタンドもブンブン振り回していた。
2回転くらい連続で回すこともあった。 
思うに永ちゃんは昔から変わらない。その昔からのロックを昇華させていると思う。 
古きよきロックンロールの生き残りだと。
そして最後の”トラベリンバス”では念願のタオル投げができた。
感無量!!

今回のライブ、実にほとんどヘッドライナー級といっても過言ではないだろう。 それだけにジャンルも様々で、 オーディエンスも様々。
せめて会場を分けてほしかったというか、来年はわかれるのじゃないかなと思った。 
でも、これで¥14,0000は安い。
来年も行けたら良いなと思う。

HY
  1. STREET STORY
  2. トゥータン
  3. ささくれ
  4. てがみ
  5. そこにあるべきではないもの
  6. AM 11:00
  7. フェイバリットソング
  8. ホワイトビーチ
  9. 隆福丸
 
TRAPT
  1. STILLFRAME
  2. M.O.G.
  3. THE GAME
  4. ECHO
  5. THESE WALLS
  6. NEW BEGINNING
  7. W.A.I.S.A.D
  8. HOLLOWMAN
  9. HEADSTRONG
 
BLACK EYED PEAS
  1. MINUTES
  2. 1/2 HANDS UP
  3. HEY MAMA
  4. SMELLS LIKE FUNK
  5. JOINTZ
  6. QUE DICES
  7. LABOR DAY
  8. FREESTYLE
  9. RETARDED
  10. SHUT UO
~encore~
  • WHERE IS THE LOVE
 
L'Arc-en-Ciel
  1. HONEY
  2. STAY AWAY
  3. HEAVEN'S DRIVE
  4. FATE
  5. COMING CLOSER
  6. 花葬
  7. いばらの涙
  8. 瞳の住人
  9. 自由への招待
  10. DRIVER'S HIGH
  11. REVELATION
  12. READY STEADY GO
LENNY KRAVITZ
  1. WHERE ARE WE RUNNING
  2. ALWAYS ON THE RUN
  3. IT AIN'T OVER 'TILL IT'S OVER
  4. AGAIN
  5. CALIFORNIA
  6. FIELDS OF JOY
  7. DIG IN
  8. FEAR
  9. FLY AWAY
  10. ARE YOU GONNA GO MY WAY?
~encore~
  • LET LOVE RULE
 
RED HOT CHILI PEPPERS
  1. CAN'T STOP
  2. AROUND THE WORLD
  3. SCAR TISSUE
  4. BY THE WAY
  5. FORTUNE FADED
  6. OTHERSIDE
  7. MY LOVELY MAN
  8. THE ZEPHYR SONG
  9. GET ON TOP
  10. BRANDY
  11. DON'T FORGET ME
  12. ROLLING SLY STONE
  13. THROW AWAY YOUR TELEVISION
  14. CALIFORNICATION
  15. RIGHT ON TIME
  16. PARALLEL UNIVERSE
~encore~
  • UNDER THE BRIDGE
  • BLACK CROSS 
  • GIVE IT AWAY
 
矢沢 永吉
  1. INTRODUCTION
  2. レイニーウェイ
  3. あの夜・・・
  4. BELIEVE IN ME
  5. ワン・ナイト・ショー
  6. 苦い雨
  7. SO LONG
  8. 恋の列車はリバプール発
  9. 止まらないHA~HA
~encore~
  • 黒く塗りつぶせ
  • トラベリンバス

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ