記事一覧

The White Stripes 2003.10.23 19:00 NAGOYA CLUB QUATTRO

2003.10.23

少し前になるが、The White Stripesのライブに行って来た。
突然行くことになったのだが、会社の人に安くチケットを譲ってもらって、一緒に行ってきたのである。
実は、まだCDも一番最近出た「Elephant」しか聴いておらず、勉強不足であったが、結構いいじゃないかと思っていたのだ。

会場に着いたときは、15分前くらいだったと思う。
入り口にはすでに人だかりができていた。
中に入ると、もっとたくさんの人がいた。客層が面白かった。
外国人の人々もチラホラ、墨の入って革ジャンとかを着込んでいる人、あんがい普通っぽい人と、まさにちっちゃい人種のるつぼであった。
ワンドリンクつきなので、紙コップくらいの大きさのビールを軽くいただき、いざスタンディングブロックへ。
ライブハウスでみるのはこれで2回目だが、こんな狭いところで見るのは初めてだった。

最初は、前座だった。ギターのジャックのプロデュースだという。
名前は何ていうのか忘れたけど、すごい(?)パフォーマンスだった。
まず、バンドの中にギターがない!
ボーカル、ベース、ドラムの3人構成でちょっとテクノっぽいかもしれないし、パンクっぽいかもしれない。とにかくわけがわからなかった。
ボーカルは江頭2:50よろしく踊りたけっている。
しかも、その演奏時間の長いこと…。前座だけで1時間だった。
やればやるほど、客が冷めていく感じがモロ出ていた。
演奏しているときよりも、演奏終わったときの方が、拍手などされていた。
なんとか盛り上げねばと思ったんだろう、必死なのは伝わってきた。
途中、曲の歌詞なんだろうけど、「HELP ME-!」と叫んでいたのが、なんだか痛烈だった。

やっとのことで前座が終わり、そろそろかなと思って待っているが、なかなか出てこない。
時間は計ってないけど、10~15分くらいだろうか。
えんえん待って、ホントに出てくるのかなと思っていたそのとき、いきなり出てきた。
出てきたと思ったら、いきなり始まりボルテージもあがった。
別に前座いらんかったんじゃないかっていうような、盛り上がり方だった。
1曲目は「Elephant」の2曲目だと思う。みんな一斉にジャンプしながらぶつかりあう。
というか、どんどん後ろから前に押されてくる。だから、ジャンプも常に斜め前である。普通にしてたら、演奏を見たり聴いたりしていられないので、オレは何とか垂直にジャンプして流れに逆らっていた。
しばらくは後ろから来る奴をはじき飛ばしつつ観ていたが、だんだん斜め横からくるようになったので、逆らわず入れてやることにした。
そんなことをしていたら、最初真ん中にいたのに端の方に寄せられてきた。
でも、さすがに前座とは格が違う。間の取り方や演奏も抜群だった。
なにより、もともとドラムとギターのみという構成だったが、そのままその構成で出てきたのがめちゃめちゃカッコよかった。

途中、ドラムのメグがボーカルをとる曲もあった。
CDで聴いたのとは少しイメージが違っていて、かわいらしかった。なんだがBjorkみたいな幻想的な感じがした。
聴いたこと無い曲もすごいもりあがりで、ノリノリで聴けた。おそらく、1st、2nd、3rdアルバムの曲なんだろう。聴いてなかったのが残念だった。

しかし、時間にして45分くらいだろうか、なんとステージ奥に引っ込んでしまったのだ。アンコールにしては早すぎるぞ…。そこから、また10分くらい出てこなかった。きっとマックでも食っているんだろう。
でも、会場はアンコールムードになっていた。何とか出てきてもらおうと、拍手を続ける。

やっとのことで出てきたと思ったら、やはりいきなり曲が始まった。
ぶわぁーっと盛り上がるが、2曲やったらまた退散してしまった。
なんと、どうやら今度はホントの退散らしい。

あとから知ったのだが、この日はジャックが風邪をひいていて絶不調で、キャンセルになるかもしれなかったらしい。
しかし、翌日福岡かどっかでノリノリで1時間45分くらいやったらしい。
うーん…。ま、こんなビッグなバンドがこんな小さなトコでやってくれたこと自体満足だからヨシとしよう。

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブクログ