記事一覧

BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR 2012 2012.06.27(Wed) 19:00 日本ガイシホール

 2012.06.27

ホントは今年最初は、3月にあったはずのFoo Fightersだったがやむなく中止になったしまったので、この心の埋め合わせを探していた時に見つけたのが、この公演だった。BUMP OF CHICKENである。
ということで今年最初の(そして今回も最後は避けたい)ライブだった。
グッズ売り場に並んだのが、17:30ぐらいTシャツをゲット後、アリーナに入場し、ブロックに着いたのが、18:40ぐらいだったろうか。
ステージはかろうじて見える位置だったが、斜めすぐ前にアイランドステージらしきものが!
しかし、すでにブロックの柵はキッチキチ。
いつものライブなら始まったら、みんな前に詰めるから大丈夫だろうと思っていた。
邦楽のアリーナの名古屋のBUMPのライブのせいなのかどうかはわからないが、大丈夫じゃなかった。
いつもライブ前には何らかの曲がかかるのだけど、いっこうにかからないなぁと思っていると、19:00直前にクラシックの「ボレロ」がかかり、曲が終わるとやっと暗転。CGがスクリーンに映り、これからどんなストーリーが始まるんだろうと見ていたくなる感じだった。気球に乗った主人公とドラゴンが出てきて、主人公がグライダーを飛ばす。
するとスクリーンにメンバーのシルエットが順番に映り、「三ツ星カルテット」が始まった。でも全然CDとは違ったエッジの利いたちょっと激し目だったので、最初、ホントにそうか?と思ったぐらいだった。この曲でジャンプすんの?ってぐらい。
この時点ではまだ前面(幕?)スクリーンが降りていない状況だった。
2曲目「宇宙飛行士への手紙」で、やっとスクリーンが降り、メンバーの姿が見えた。やっぱ見えるとテンションあがるね。
そしてキターッ!!「分別奮闘記」!!
これを聴くためなら♪ 金も払える♪
オレの中の第一盛り上がり。
その後、このライブの2、3日前にMTVのVMAJでも披露していた「ゼロ」。静かに始まり、離陸する感じ。今回のライブでも魅せてくれた。
それから「グッドラック」。
これは完成度が高いなと思った。
たぶん曲自体の完成度も高いんだろうけど、ここまでで一番光っていたと思う。
この曲の前ぐらいからちょくちょくベース(チャマ)のMCが入っていたのが好感持てた。ボーカル(フジ)もあんま喋らないのかと思っていたが、案外気さくな感じでMCしてた。
フジ:「体の調子が悪い人いないーっ?」
会場:「大丈夫ー!、大丈夫ー?」
フジ:「よく調子悪い?って聞かれるけどもともとです。」
「ホリデイ」の前にメンバーがアイランドステージに移動。
オーディエンスとの距離が近いため、このステージは「恥ずかし島」と言うらしい。
ちょっと昨日食べたもので何がうまかったとかのクイズMC。
「ホリデイ」はアコースティックでよかった。距離も10Mくらいの距離で、やっと顔をちゃんと拝めた感じだったが、まわりの黄色い声援にはちょっと辟易した。
「神様、どうかこの後ろにいる最近のドラえもんみたいな声の女をどうにかしてください」と何度祈ったことか…。
「星の鳥~メーデー」でまたメインステージへ。
「supernova」では「ララララーラ…」の部分をオーディエンスが合唱。結構目に染みた。
「天体観測」はやっぱカッコよかった。
アンコール前最後ってのもあったかもしれないけど、盛り上がった。
あのイントロはカッコいい!
この後メンバーが一旦ハケるんだけど、アンコールの拍手がスゴかった。
最初普通にアンコールの拍手だったんだけど、いつのまにかどこからか「supernova」の「ララララーラ…」を歌い出し、それがそのうち合唱になっていった。これには「うわぁ…」と思った。
途中、チャマのMCで「今日、この会場に集まったメンバーは一生のうちで、今日限り」って言っていたのを思い出した。
そしてメンバーが戻ってきて、また少しMCがあってからの、「くだらない唄」~「ガラスのブルース」。ここまでは予習済みだったし、是非聴きたかった曲だったので、盛り上がったんだが、最後にやったのが、全編英語の歌詞の曲だった。
「これ何?知らないぞ。」と思っていたのはどうやら少数だったらしく、会場は大盛り上がり。
帰ってから調べてみると、1stの隠しトラックだった。
最後はメンバーがステージから降り、握手やピックをバラ撒いていたが、こちらには来ずだったが、最後まで「ありがとう」と言いつづけていた。
ああ、誠実なヤツらだなぁと思った。
終了時間は22:15を回っていたと思う。
3時間ちょい。 
どうりで足が痛いわけだ。年のせいだけじゃあないね。
でも、初めてのBUMP。考えてみたら、年下のライブってのも初めてだったかも。
邦楽のライブは言葉がわかるので、入っていきやすい。悪くないね。
なんにしても、よかったですわ。

<setlist>
  1. 三ツ星カルテット
  2. 宇宙飛行士への手紙
  3. 分別奮闘記
  4. ゼロ
  5. ギルド
  6. 66号線
  7. Smile
  8. グッドラック
  9. R.I.P.
  10. ホリデイ
  11. fire sign
  12. 星の鳥
  13. メーデー
  14. angel fal
  15. supernova
  16. beautiful glider
  17. カルマ
  18. 天体観測
~ encore ~ 
  • くだらない唄
  • ガラスのブルース
  • DANNY

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ