記事一覧

The Fratellis JAPAN TOUR 2009 2009.03.13(Fri) 19:00 at NAGOYA CLUB QUATTRO

 2009.03.13

実に1年ぶりのライブである。
そして今年一発目(最後は避けたい)のライブだった。
Flatellisはずっと気になっていたバンドできっとライブは楽しいに違いないと確信していた。事実サイコーに楽しかった。
早めに着きビールを飲みながら待っていると、わらわらと客が結構入ってきた。満員に近い状態じゃなかったか。
電気が消えてRolling Stonesの『Gimme Shelter』がかかっていた。途中で始まるのかと思いきや1曲流れきってしまった。そのあとワーッという歓声とともにメンバーたちが出てきた。
さすがにいろんなフェスなどの場数を踏んでいるだけあって、アルバム2枚目とは思えない感じに堂々としていた。
1曲目から『Cuntry Boys & City Girls』とトばしていった。
今回は荷物を持っていたので、柵の外で大人見していたのだが、体は自然に動いてしまっていた。柵の中のオーディエンスは満員電車でジャンプみたいな感じになっていた。
2、3曲目も勢いは止まらなかった。
やっと4曲目で(4曲目なのかってくらい長く感じたが…)『Look Out Sunshine!』とスローナンバーになった。このバンドは、幅が広く緩急があるというのをセカンドアルバムで示してくれた。もちろんファーストのダーティな感じは好きだが、よい変化を起こしてくれた。
そして5曲目『Flathead』。キタねぇ。
やっぱり他の人もこの曲が聴きたかったのか、盛り上がりも一番だった。
オレもこの曲をナマで聴けてよかった。
「パラッパッパ♪ ラッパッパ~♪」
その後もファーストのダーティな曲とセカンドのパラダイス(?)な曲を絶妙なバランスでやって楽しませてくれた。
アンコール前の『Milk And Money』はすごくよかった。ライブでのこの曲は哀愁すら感じてしまった。
いったんメンバーが引け、一体この後アンコールで何をやるんだろうと考えていた。あらかた勢いのある曲もやってしまったよなぁと考えていたら、『Mistress Mabel』が始まった。
ああ、そうかこの曲をやっていなかったか!この盛り上がれる曲を忘れるほど、他の曲も盛り上がっていたからである。
このバンドはタフだなぁと思った。
そして何気にものすごく楽しめたライブだった。これからでっかくなって欲しいと思うバンドだと思う反面、この規模でこれからも楽しませて欲しいバンドだと思った。

<setlist>
  1. Cuntry Boys And City Girls
  2. My Friend John
  3. Vince The Lovable Stoner
  4. Look Out Sunshine!
  5. Flathead
  6. A Heady Tale
  7. Doginabag
  8. Tell Me A Lie
  9. Whistle For The Choir
  10. Stragglers Moon
  11. Chelsea Dagger
  12. Henrietta
  13. Lupe Brown
  14. Ole Black 'N' Blue Eyes
  15. Shameless
  16. Got Ma Nuts From A Hippy
  17. Milk And Money 
~ encore ~
  • Mistress Mabel
  • Acid Jazz Singer
  • Baby Fratelli

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ