記事一覧

天龍寺リベンジ~明智城~美濃金山城

20191109天龍寺昨日(11/9)は、9月の終わりに行ったけど、閉まっていた天龍寺にリベンジで行ってきた。

この日は夕方に用事があったので、15時までには戻ってくる縛りで、どこに行こうかと考え、前回行ったけど、閉まっていて明智光秀の位牌が見られなかった「天龍寺」に行こうと決めた。

10:00位に出発して、前回は多治見の美濃焼卸センターに寄ってからだったが、今回は可児に直接行くので、前回と若干道が違った。
19号で多治見に抜けるトンネルをくぐって、多治見市外に出る前に左折していった。
しばらく走ると、前回も通った可児の自動車学校の横を通り、すんなり行けた。
ただ、前回は臨時駐車場に停めてかなり歩いたので、今回はいきなり天龍寺に向かった。(駐車場がこちらにもあったので)
11:00には着けた。

無事位牌が拝めて、お参りもさせてもらった。
書置きの御朱印ももらって、御朱印を出してくれたおばちゃんとも話ができた。
どうやら11/9-10で山城サミットというのがあって、この日から人が結構来ていたらしい。
この日も朝から群馬から来たという二人組の女の人がいたとの話も聞いた。
すごいねぇ。


その後、ついでというわけではないが、再び明智城まで登った。
前回は反対側から登ったが、今回は天龍寺側から登ってみた。
「桔梗坂」は距離はないが、結構疲れるね。
再び展望台から眺めると、和太鼓の音と人が集まっているのが見えた。
どうやらあれが山城サミットだろうと思う。
東屋にチラシがあったので、もらってみた。
そういえば、美濃金山城という森蘭丸がいた城も遠くない場所にあるはずだと思い、Google Mapで検索すると、ここから15分くらいだという。
これは是非行ってみなければ…。


20191109金山城ということでバイクを走らせ、意外とすぐに麓に着いた。
第二駐車場まで行けるとネットで見たので、山を登ってみた。
そんなに広くない駐車場で、停めて歩いていくと、結構車とすれ違った。
Google Mapではまだ行けるみたいな表示だったので、もう一度駐車場に戻って登ってみることに。
駐車場で同じく車で来た人も「この先行けるんですか?」と聞かれたので、何台か車とすれ違った話をして、行ってみようということに。
道は途中細かったが、かなり近いところまで行けた。


かなり高いトコまできたが、ここからは歩きで天守閣跡まで登りだ。
でも第二駐車場から登ることを考えたら、全然近い!
三の丸跡を通り過ぎ、「破城の痕跡」も見られた。
ブーツで天守までは結構つらかったが、天守跡の眺めはすごくよかった。
崖(高いところは怖いので少し引き気味)の方で写真を撮っていると、たばこを吸っていたおじさん(おじいさん)にもっと前で撮ると良いよと話しかけられた。
どうやら昔、この城の木を切ったり整備した人みたいで、昔の話をしてくれた。
当時は火攻めに合うと行けないので、気がなかったこと。
また、数年前は逆に木がぼうぼうで、登ってきても景色が見えなかったので、眺めをよくするために、木を整備したことや、昔ながらの石垣が昔に比べて自然に崩れていっていることなど中々興味深い話が聞けた。


しばらく話したあと、下山して帰路に着いたが、ふと森蘭丸の墓ってどこにあるんだろうと思いだし、バイクを停めて調べてみると近くに「可成寺」という所にあるらしいので、向かってみた。
意外と近くにあり、すぐに着いたが、門をくぐったが本堂も閉まっており人がいなかった。
しばらくうろついてみたが、よくわからず門から出てネットで再び検索すると、本堂横を通り、細い階段を上がるとあると書いてありったので、もう一度中に入ってみると、たしかに本堂横に細い道があった。
行ってみると、「ああ、これはわからないわ」。
細い道があり、階段を登ると「森家の墓」と小さな看板があった。
さらに高台に墓はあった。
こんなところにひっそりとしていたんだね。
明智光秀についで、森蘭丸のお墓も拝ませてもらった。

なかなか充実した日になった。
でも、来年は大河ドラマできっとこちらも人が増えるんだろうね。

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブクログ