記事一覧

Billy Joel JAPAN Tour 2006.12.12(Tue) 19:00 at NAGOYA Dome

 2006.12.12

来日が決定したけどきっと行けないだろうなと思っていたのだが、奇跡的にこの日仕事が早く終わったので18:00過ぎに行くことを決めた。
思えば、SIMON & GARFUNKELを聴いた後、次に聴いた洋楽はBilly Joelの
『Honesty』だったと思う。
いつか一度は観ておきたいとずっと思っていたアーティストだった。

ドームに着きチケットを買いに行くと、意外にもS席アリーナが空いているというので、即買。
中に入るとさらに意外。席はステージ正面の良席だった。見渡すとブロック単位で空席が目立った。
だが、始まってしまったらそんなことすっかり忘れてしまった。

1曲目は聴いたことのない曲だったがBillyの登場で一斉に席を立った。
何と言っても声がすごく出ていた。CDで聴いていた声とはまた違っていて太い声だった。
それから『My Life』とヒットパレードが始まった。4曲目では早くも『Honesty』だった。しみじみと「ああ、コレが本物だ」と思ってしまった。『Zanzibar』は初めて聴いた曲だったが、トランペットとの競演が聴き応えのある曲だった。是非オリジナルを聴いてみたいと思った。そういえば、なぜだかこの曲ぐらいからみんな一斉に座り始めた。

『New York State Of Mind』では、終盤サックスとの競演があったのだが、最後の最後でサックスの音が出なくて、最後にサビのトコでマイクをくわえておどけながら歌ったのには笑ってしまったのと、そんな最後のいいトコでそんなことができるんだと感心してしまった。

『An Innocent Man』ではピアノの前ではなく、マイクスタンドの前に立ち、指を鳴らしながら歌ってくれた。この指パッチンがすこぶるドームにこだました。実にパワフルだった。

その後『Don't ask me why』のイントロの前にRolling Stonesもやっている『Not Fade Away』のイントロ部分をやってくれた。「あっ、Stonesだ!」と思わず言ってしまった。

『River Of Dreams』ぐらいから客席もみんな立ち始めた。
そのあと、なんて言っていたか分からなかったが「今からクリスマスソングを歌うよ」みたいなことを言っていたのは聞き取れたのだが、次の曲はAC/DCの『Highway to Hell』である。しかもBillyはギターを弾き、歌はCHAINSAW(ちょっと小太りで半袖短パンで出てきた謎の人)と言う人だった。
これにはびっくりしたが、大盛り上がりだった。何と言っても、Billyがギターを弾けたのが一番ビックリだった。
ここからのBillyはロックンローラーだった。
永ちゃんばりのマイクパフォーマンスもしてくれた。マイクスタンドと踊るは、回すは、投げるはと今までのイメージとはうって変わっていた。
そういえば、中日の帽子をかぶって歌ってもくれた。

そして、アンコール2曲目。
『Piano man』である。この曲が出たということは、いよいよ終わりかと思うと寂しくなってしまった。ピアノの前に座り、首にはハーモニカを掛けた。
イントロは『さくら』だったが、まるでベートベンの運命のように激しい『さくら』だった。その後、「ハァー」と一呼吸おいて、『Piano man』のイントロが始まった。
いつもこのハーモニカを聴くとなんだか切なくなってしまう。だけど、今までCDでは聴いたことのない力強い感じで歌ってくれた。
感無量だったし、本当に楽しいライブだった。あとから、ネットで見たのだが、「これが最後じゃないよ」と言ったらしい。
また観れる機会があるなら、是非もう一度体験したいライブだった。

<setlist>
  1. Angry Young Man
  2. My life
  3. Vienna
  4. Honesty
  5. The Entertainer
  6. Zanzibar
  7. New York State Of Mind
  8. Miami 2017
  9. Allentown
  10. The Stranger
  11. Just the way you are
  12. Movin' out
  13. An Innocent Man
  14. Don't ask me why
  15. She's always a woman
  16. River Of Dreams
  17. Highway to hell
  18. (by CHAINSAW)
  19. We didn't start the fire
  20. Big shot
  21. It's Still Rock And Roll To Me
  22. You may be right
~ encore ~
  • Only The Good Die Young
  • Piano man

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブクログ