記事一覧

マスカレード・ホテル 読了

マスカレードホテル 謎の数字が残された連続殺人事件。
次の犯行場所はホテル・コルテシア東京。
警察はホテルに潜入捜査をすることになった。
刑事の新田は、フロントクラークに扮し、操作することになったのだが、女性のフロントクラークの山岸尚美が教育係となり、ホテルマンとしての心構えから指導されることに。

最初のうちは、新田は自分は刑事だから、なかなかホテルマンとしてなんてと行動していたのだが、尚美の行動に影響を受け、ホテルマンとしての心持を持っていく。
尚美も、警察の疑いの目を良しとしなかったのだが、新田の行動から少しづつ協力するようになっていく。

ホテルにはいろんな客が来るのだが、そのたびに犯人かもしれないとハラハラさせられた。
尚美と新田の会話から、だんだん謎が解けていく。

終盤で事態は急変する。
中々目が離せなかったが、やっぱり東野圭吾の作品は、完全悪がないよね。
悪いやつにも、なんらか理由というか歴史があって、完全に憎めないんだよね。やっぱり最後まで読むまで、覚悟がいるよね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ