記事一覧

ラブ・ミー・テンダー 読了

ラブミーテンダー今回の話は、とうとう秋実さんの話。
今まで太陽のような存在としか語られていなかったけど、紺と藍子の母親。
どんな人かずっと気になっていた。

時はちょっと昔、秋実も高校生、我南人が二つ上だから19~20ぐらいだろうか。
孤児院で暮らしていたが、同じく暮らしていた親友の「キリ」がアイドルになり、ある時、駆け落ちをすると電話してきた。
だけど、事務所に認めてもらえなくて、殺されるかもと言ってきた。
助けるために単身事務所に乗り込むが、逆に見つかって襲われてしまっているところに、我南人たちLove Timerのメンバーたちが通りがかり、助けることに…。
事の顛末を聞くと、キリの相手がLove Timer元メンバー「北ちゃん」だということがわかり、一緒に解決することに。

なんだかこの辺り、偶然に偶然が重なるところが、東京バンドワゴンだなぁと思うけど、これは許せてしまう。
ある意味、納得しちゃうんだよねぇ。
そして面白かった。
一気に読んでしまった。
名言「Loveだねぇ」の最初。
最後の辺りは詳しくは語られてない。
自分で考えろってことなのかもだけど、現在とのつなぎまではまだ時間が空いているので、またここのミッシングリンクを埋めてほしいなぁ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ