記事一覧

村上海賊の娘4 読了

 村上海賊の娘4東京の行き帰りでかなり読めたので、今回はいつもより早かった。
いよいよ最終巻。
信長が他の真鍋(泉州)海賊と毛利方の村上海賊の戦い。

いつまでたっても動かない毛利方を動かすために、景が単身立ち上がった。
雑賀宗を味方につけ、自らも予想外の鬼首を使い、真鍋海賊も巻き込んでいく。

登場人物一人一人が際立って、海賊ならではの戦いがすごく面白かった。
これを映像にしたら面白いだろうが、きっとこのダイナミックさは表現できないだろう。
そしてなんといっても七五三兵衛だろう。
魔人のような強さだった。
気概もあり、最期まで粋で魅力的な人物だった。

軍略の元吉と勇者になった景親もよかった。
一巻目の情景描写の飲み込みが難しかったが、その後は飽きさせることのない話だった。
この人の話は今のところ、ハズレがない。
自作にも期待である。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ