記事一覧

村上海賊の娘3 読了

村上海賊の娘3七五三兵衛は景に惚れていたが、源爺のことで見限ってしまう。
景も今まで思い描いていた戦働きと現実の違いに戸惑いと、自分の気持ちに愕然としてしまい。能島に帰ることに。
道中、鈴木孫一に会い、結果的に逃がすことに成功し、いずれ何かあったときには力になるとの約束をする。

その後、父(武吉)に会い、一時は姫として過ごすことに決めたが、謙信が動くまでは、村上海賊(毛利方)は動かないとの父の思惑を知り、一人再び難波海へ。
そして掛合をしに、再び泉州海賊の元へ行くことになったが、七五三兵衛に見抜かれ決裂してしまう。
掛合に失敗した村上海賊たちは、引き上げることになったのだが、そのときとった景の行動は…。
また、「鬼手」とは?

昔の人間は自分の素に対して、素直だと思う。
もちろんそんな中でも、忖度などあっただろうけど、とくにこの話の海賊たちや、景は素晴らしく素でうらやましい。

ここまでの話で、型にはまっていて面白くなさそうな兄の元吉が言った「心幼きゆえ、男は奮い立つんじゃないか」で、イメージが変わった。

さあ、最終巻。
真鍋海賊と村上海賊の海賊の戦い。楽しみだ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ