記事一覧

The Rolling Stones A BIGGER BANG TOUR 2006.04.05 19:00 in NAGOYA DOME

2006.04.05

ついにこの日がやってきた。ワールドツアーが発表されたのが昨年の5月。
待っていました!
前座は元Mr.Bigのギタリスト リッチーコッツエェン。ベース、ドラムは同じくMr.Bigリズム陣。是非とも生ビリーシーンは見ておきたかったが、会場に入ったときには時すでに遅し。丁度終わったところだった。残念!!
Stonesの開演は20:00過ぎだったろうか。
こんなことならちょっと腹ごしらえでもしてきても良かったと思いつつも、始まってしまったらすっかり忘れてしまった。
照明が消えるとスクリーンにビッグバンを思わせる映像が流れてきた。ビルや車などを飲み込みそれが一気に弾けたと思いきや、キースのギターが鳴り響いた。この音は「Jump'in Jack Flash」だっ!いきなりテンション↑↑↑
そのあとミックの「ハローナゴーヤ!」のカタコトの日本語で「ああ、名古屋に来てんだなぁ」と改めて実感。
そのまま「It's Only Rock'n Roll」3年ぶりに生音聴いて、これぞRock'n Rollだなぁとまた実感。キースが前に「最近のはRockはしているが肝心のRollがないんだ」というのを思い出した。
あんたはRockでRollだよ!!
そのあと「She's So Cold」、新曲の「Oh No Not You Again」。今回のミックは声が通っている気がする。前回のLicks tourやCDのライブ盤で聴く声と違って聞こえる。昔の声に近い気がする。まあ、今回はアリーナということで音が全体を包み込んでる感じだからなのかもしれないが、とにかく良い。
それから今回のJapan tourはバラードナンバーが入れ替わりで演奏されていて、名古屋公演は何が来るのだろうと思っていたら、「コノキョクオボエテルー?」とミック。
この振りは東京1日目と同じ!?
ということは、また「As Tears Go By」かっ?と興奮していたら、ミックの第一声「She would never say ...」こっこれは、「Ruby Tuesday」!!
ウワァー!!!
思えば、オレが最初に買ったStonesのアルバムが90年に来日したときのライブ盤
「Flash Point」で、高校の時この曲の歌詞を覚えようとして、何度も口ずさんだ歌だった。感動して涙してしまった。けど今でも歌えるぜ!
その次は新曲「Rain Fall Down」。
やはり、アルバムで聴いたときよりカッコ良く聞こえる。Stonesのツアーメンバーはずっと変わっていないのだが、大体それぞれ目立つ曲が用意されている。この曲ではベースのダリルジョーンズである。
「Gimmie Shelter」ではバックコーラスのリサフィッシャー。この人とミックの絡みは10年前に初めて生で観たときからずっとだけど、何度見ても格好良い。衰えがないなぁと思う。
「This Place Is Empty」では、キースがアコギに持ち替え、バラードを歌ってくれた。お世辞抜きで渋かった。この人はどの年齢でも格好良い。
キースの「Happy」も終わり、流れてきたのは「Miss You」のイントロ。
おぉ、いいねぇ。と思っていたら、ヨメさんが「なんか近づいてくるよ」と言う。
よく見たら、ステージの中心が動いてドームのセンターまで近づいてくる!!
真ん中にはギターを持ったミックでその両脇にキースとロン、ダリルジョーンズ、後ろにチャーリーと、まるで列車のようだった。かなりここからでも近くなった。さらに近くに行こうと席をはずれ、ブロックのギリギリ柵まで行ってみた。かなり近いぞ!
その勢いのまま「Rough Justice」 「Get Off My Cloud」とやって「Honky Tonk Woman」で、またメインステージへ。
今回のステージはステージ上にビルが建っていて、そこにもオーディエンスがいる。ただし、日本は関係者のみで一般は入れないのだが。そして、その下にも歩道橋みたいのあって、「Sympathy for the devil」では、ミックがここに上っていったて、ビルを見上げたりとステージを縦横無尽に走り回っていた。ホントに60のオッサンか?と聞きたくなる。
その後は今回の公演で一番格好良かった
「Paint It Black」。やはりこれもミックの歌い方が60年代の時と似て聞こえる。まあいつの時代もミックなのだが、昔に戻ったように聞こえた。キースのイントロもシビれる。ここからラストまで「Start Me Up」、「Brown Sugar」とテンションは上がりまくり。
ここで一端終了でステージ横にハケていったが、しばらくの拍手のあとすぐ戻ってきた。必要以上にタメを作らず、絶妙のタイミングで戻ってくるのはプロだなぁと思う。
アンコールでは「Can't Always Get What You Want」をみんなで歌った。
「イッショニウタッテー」とオーディエンスを煽る。この曲は終盤になるにつれヒートアップしていく。最後はみんなで手拍子をたたく。まるで次の「Satisfaction」までテンションを高ぶらせるかのように。
いうまでもなく、何の曲かすぐにわかるリフが流れてきた。ああ、満足だけどまだ満足じゃねーよ!もうないだろうと言われながら、是非もう一度日本に来てくれStones。

stones 2006
<setlist>
  1. Jump'in Jack Flash
  2. It's Only Rock And Roll
  3. She's So Cold
  4. Oh No Not You Again
  5. Ruby Tuesday
  6. Rain Fall Down
  7. You Got Me Rocking
  8. Gimmie Shelter
  9. Tumblin' Dice
  10. This Place Is Empty
  11. Happy

    ~ B-stage ~
  12. Miss You
  13. Rough Justice
  14. Get Off My Cloud
  15. Honky Tonk Woman

    ~ Main stage ~
  16. Sympathy
  17. Paint It Black
  18. Start Me Up
  19. Brown Sugar
~ encore~
  • Can't Always Get What You Want 
  • Satisfaction

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブクログ