記事一覧

QUEEN + PAUL RODGERS 2005. 11.01 TUE. 19:00 in NAGOYA DOME

 2005.11.01

当初、ヨメさんと結婚記念に行こうかと言っていたが、ヨメさんは仕事が忙しい日なので、断念していた。
しかし、今日になってすごい悩んだ結果、もし残業がなく、定時で帰れたら当日券で1人で行こうと決めていた。
そして無事定時で終われたので、一人単騎突入を試みた。
ドームは帰り道だったが、お金をおろしたりして着いたのは、18:45頃だった。
チケットを買い、プログラムも先に購入。
そんで、席に向かう。
もう指定の列はみんな座っていた。まあ、開始5分前だったから仕方なかったが…。席に座り待っていたが、19:00を過ぎてもいっこうに始まらず。客もそれをみこしてか、席に着いていないのが目立っていた。

ようやく始まったのは、19:15過ぎだろうか。「ゴーン、ゴーン…」と時計台の音がしたかと思うと、「It's a beautiful day」がかかり、その後チカチカする照明とともに流れてきた曲はなんとEMINEMの「Lose your self」だった。
何事かと思ったがみんな歓声と手拍子をしている。
え、もしかしてEMINEM出てくんの?とかワケも分からず手拍子をしていると、突然エフェクターのかかったギターの音が鳴り、EMINEMの曲を掻き消すかのように「ギャーン!」と鳴り響き、メンバーが登場した。これにはもーゾクゾクもんですわ。古き良きザ・ハードロックショウの開演だ。
正直、Queenは「Greatest Hits」「Made in Heaven」しか聴いていなかったので、聴いたことのなかった曲などもあったが、だからといってノれないこともなかった。
Paul Rodgersという人もまた、その遍歴も知らないまま来てしまったが、これがなかなかに歌もパフォーマンスもうまかった。
マイクスタンドを使ったパフォーマンスはFreddieよりもカッコよかったし(永ちゃんには負けるが)、声の伸びや歌い方はFreddieとは違うが、また味のある感じで全然よかった。
さらに驚いたのが、Paulが全編ヴォーカルをするのかと思いきや、ギターのBrian MayやドラムのRoger Taylorなどもマイクをとり歌うのである。
でも、さすがコーラスもみんなうまいだけあって、歌もうまかった。
「Teo Torriate(手をとりあって)」は 中央のステージでBrianがアコギで歌ったのだが、暗い中にBrian一人スポットライトを浴びての一人の演奏は感動的だった。
その後のギターソロも圧巻だった。
もう50歳のおっさんなのになんでこんなにパワフルでうまいんだろう。勢いもスピードも威力もあった。途中、なにか聴いたことのあるフレーズだなと思ったら日本の「さくらさくら」だったり、「てるてるぼうず」だったりを織り交ぜて演奏してくれた。また、そのときステージ中央で演奏していたのだが、そこのスクリーンが動いている景色を映し出していて、さらにその光景をステージ前方から撮影して、サイドのスクリーンに映すという面白い効果もあった。
こうすることによって、サイドのスクリーンはあたかも合成画像のようなものになっていて面白かった。
そして、みんな待っていたであろう
「Bohemian Rhapsody」。
真っ暗の中スクリーンに映し出されたのは、 なんとFreddieだった。
そのスクリーンの中でピアノを弾きながら歌っていた。あの「ママー~ガリレオ」ってところぐらいまでそのままFreddieが歌っていて、その後の曲調が変わるところからバーンと今のステージに移り変わった。メチャメチャ格好良かった。曲の最後にスクリーンに白黒の昔のFreddieがお辞儀をしてちょっと微笑んだ後、スクリーンからフっと消えるシーンがあって、もう涙が止まらなかった。
その後のアンコールは全曲メジャーなのをやってくれて、オーディエンスはみんな総立ちで手拍子をしながら歌っていた。
名古屋ドームが大合唱になるのは、初めて見たので圧巻だった。
本当にこの場にいれて幸せだと感じた。
終始メンバーも流暢な日本語でMCをしてくれて、ホントにひいきにしてくれてるんだなぁと思った。Brianの「いらっしゃいませー」っていうのとPaulの何回目かに着替えてきたTシャツの裏に漢字で「愛」と書かれていたのには笑ってしまったが…。
でも、一生のうちで FreddieはみれなかったがQueenを見れて本当に良かったと思った。

<setlist>
  1. Reaching Out
  2. Tie Your Mother Down
  3. Fat Bottomed Girls
  4. I Want To Break Free
  5. Wishing Well
  6. Crazy Little Thing Called Love
  7. Say Its Not True (R)
  8. Love Of My Life (B)
  9. Teo Torriate (B&P)
  10. Hammer To Fall
  11. Feel Like Making Love
  12. Drum Solo
  13. I'm In Love With My Car (R)
  14. Guitar Solo
  15. Last Horizon
  16. These Are The Days Of Our Lives (R)
  17. Radio Ga Ga (R&P)
  18. Can't Get Enough
  19. A Kind Of Magic
  20. I Want It All
  21. Bohemian Rhapsody (F&P)
~encore~
  • I Was Born To Love You(B&P)
  • The Show Must Go On
  • All Right Now
  • We Will Rock You
  • We Are The Champions
 Vocal:
 (P):Paul Rodgers
 (B):Brian May 
 (R):Roger Taylor
 (F):Freddie Mercury

プロフィール

bison

Author:bison

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブクログ